Workplaces

LocationValue様

来社されたお客様からも「素敵なオフィスですね」と、
お褒めの言葉をいただいています。
導入の目的 新たな事業の立ち上げに伴う、「働き方」や「働く環境」の充実度の向上。
導入の決め手 デザイン性や信頼性の高さ。意見交換をする中で、クライアントファーストの考えを感じた。
得られた効果 総合的に、居心地が良い空間に。社員の満足度も高く、業務効率化にも繋がっている。

オフィス移転のきっかけは、「第二の創業」。

弊社は、O2O業界向けのアプリ開発・運用を主な事業としています。スマートフォン黎明期から約10年、お客様のニーズにも「アプリ開発だけでなく、デジタルマーケティング全体を支援してもらいたい」という要望が増えました。このニーズにお応えしていくため、新たな事業を立ち上げると共に“もういちど、創業しよう”というスローガンのもと、さらなる事業拡大に取り組んでいました。
新たな事業の立ち上げには人材確保が急務であるため、「働き方」や「働く環境」の充実度の向上が求められました。幸いなことに、2020年度の採用は順調に進んでいたため、この採用スピードをさらにドライブさせるためにも、オフィス移転は必須だと考え、2019年6月から検討を開始し、2020年2月を移転のターゲットとして定めました。

写真:Location VALUE様 オフィス

満場一致で文祥堂。クライアントの心を掴む提案力と、安心できるマネジメント体制が魅力。

弊社にはオフィス移転の経験者が在籍しておらず、右も左も分からない状態でした。そのため、このプロジェクト全体をリードしていただける業者様にお願いをしたいと考え、3社程にお声掛けをしました。各社素晴らしいプレゼンテーションをおこなってくださいましたが、その中で我々の想像をはるかに上回る提案をしてくださったのが文祥堂様でした。
オフィスデザイン案は勿論ですが、スケジュールやマネジメント体制など、プロジェクトの全体像をクリアにイメージできたという点ポイントでした。また、お見積もりには「何の工程にどれ程のコストがかかるか」が明確に記載されていたため、とても安心感がありました。

さらに、今まで手掛けられたオフィス移転の実績から、デザイン性や信頼性の高さを感じたと共に、意見交換をする中で、クライアントファーストの考えでオフィス作りをしてくださる雰囲気が感じられました。弊社メンバーも同じ感想を抱いていたため、満場一致で文祥堂様にお願いすることに決めました。
写真:Location VALUE様 オフィス

コンセプトは「アジアンテイスト」。開放的があり遊び心のあるオフィスへ。

初めに、オフィスデザインの方向性を決めるにあたり、デザイン案を約20種類いただだきました。そのデザイン案をベースに「どのようなオフィス空間にしたいか」という社内アンケート調査を実施しました。その結果、人気が高く且つ多種多様な人材が入り混じる弊社の空気にも合致した「アジアンテイスト」をオフィスデザインのコンセプトとして定めました。
弊社はエンジニアと営業の人員割合が50%となっており、各々でオフィス空間に求める要件が異なりました。そこで、エンジニアは集中して作業ができるよう固定席、営業は機動性を鑑みフリーアドレスとし、さらにエンジニアと営業のコミュニケーション活性化が図れる空間作りを目指しました。

居室内には「リラクゼーションスペース」や、「フリーアドレススペース」を設置することで、開放的かつ自由な空間を作ると共に、「遊び心」も必要と考え、紆余曲折ありましたが、卓球台を導入しました。これがかなり好評で、夜な夜な卓球大会が行われるため、帰宅時間が遅くなった社員もいます。(笑)。
お客様をお招きするエントランスや会議室は、会社のコーポレートカラーであるブルーを基調としたデザインで統一感を持たせることで、スタイリッシュな印象を与えると共に、壁紙などでクリエイティブさも演出しました。
総合的に、居心地が良い空間となったことから、社員の満足度も高く、来社されたお客様からも「素敵なオフィスですね」と、お褒めの言葉もいただいています。
写真:Location VALUE様 オフィス

コミュニケーションポイントの設置と集中スペースが業務効率化に貢献。

遊び心や開放感を取り入れた空間は、会話のきっかけを恒常的に生み出し、職場にポジティブな影響を与えていると思います。例えば、今回の移転を機に初めて導入したフリーアドレスは「今日はここに座っているの?」と、ただ座っているだけで会話が生まれます。また、壁にホワイトボードを設置したことで、その場ですぐにアイディアの共有ができようになりました。このように、「今まであまり話さなかった人との会話」や「同じ図や絵を見ながら話す会話」が増えたことは、業務効率化にも繋がっていると考えます。

また、集中ブースは、生産性の向上に貢献しています。一人用デスクは「周りの音を遮断出来るので集中しやすい」と、とても好評です。同様に、昇降式デスクは、立ったり座ったりと、姿勢を変えることで集中力が持続できるといったポジティブな声もあります。
オフィスデザインを考える際に、文祥堂様と社員の働き方のスタイルについて深く議論し、導入を決めた備品やスペースによってこのような結果をもたらしたと考えています。
写真:Location VALUE様 オフィス

これからは、“集まりたい”をデザインする時代。自然なコミュニケーションがイノベーションを起こす。

最近では、リモートワークを取り入れる企業も増えてきましたが、オフィスに集まり共に仕事をする方が効果的な部分もあります。「オフィスに集まるとなぜか楽しい」「居心地が良い」といった仕事のモチベーションに関わる気持ちの変化はオフィスで多く生み出されると思います。
また、今回のオフィス移転により、オフィスは、社員を育むための重要な経営戦略の場だと再認識できました。会社が主体的に社員の働きやすさを考えたオフィスを提供することが、新たなイノベーションの創出や、コラボレーションに繋がると信じています。そういった観点で、我々に寄り添い常に最新のオフィスデザインを提案してくださる文祥堂様は、心強いパートナーであります。これからも是非お力添えをいただきたいと考えています。 
CONTACT
オフィス移転やリニューアルをご検討の方は
お気軽にお問い合わせください